にかけて(の)/にわたって/を通じて/を通して

大人気アニメ鬼滅の刃 N3文法

日本語のN3,N2で学習者の頭を悩ます、にかけて/にわたって/を通じて/を通して の違い、本当に微妙な違いでうまくせつめいしにくいですよね。ちょっとここで、各文法を整理してみましょう。

~から~にかけて

<作用>

〇大まかな範囲を表す。

<例文>

・東北から北海道にかけて、大雪が降った。

・このスマホは60代から70代にかけての高齢者に人気がある。

・今月から来月にかけて、外国人観光客が増える見込みだ。

・腿からひざ下にかけて痺れがとれない。

※“~から”のない文もあり。

アニメ鬼滅の刃

~にわたって〇〇

<作用>

ある期間、範囲に~

<例文>

・かれはこの5年にわたって研究した成果を発表した。

・山岳部全域にわたって、この植物がとれます。

・彼女はすべての項目にわたって、熟知している。

・2時間にわたる国際会議が行われた。

~を通じて〇〇

<作用>

区切りの明確な期間や範囲でずっと変わらずある状態・状況

<例文>

・この島は一年を通じて波が穏やかで、泳ぐことができる。

【×】この島は一年にわたって波が穏やかで、泳ぐことができる。

・かれは生涯を通じて砂漠地帯の緑地化の研究に没頭した。

・深センは一年を通じて南国特有のフルーツが食べられる。

~を通して〇〇

<作用>

一定期間で終始費やして〇〇

<例文>

・一昼夜通して、この小説を読破した。

・この作品は4か月を通して作成された。

比較してみました

いかがでしょうか。こうしてみると「~にわたって」が一番使用範囲が広いようです。

まとめ

☆にかけて→大まかな範囲に

☆にわたって→ある期間・範囲に

☆を通じて→明確な期間・範囲でずっと同じ状態、状況

☆を通して→一定期間 で終始/費やして

タイトルとURLをコピーしました